FC2ブログ
2018年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2018.05.27 (Sun)

久々の外蕎麦である。


久しぶりに外蕎麦である。

kurosuke ishigaki

暑いけど、まだなんとかしのげまつ。

kurosuke ishigaki

ニワトリ小屋の前にバイクを停めて。

kurosuke ishigaki

とたんにコッコッ、コケッコーッ!

kurosuke ishigaki

さて、ここは東京あきる野市にある

手打ちそば 加賀屋である。

kurosuke ishigaki

広い駐車場もあるな。

kurosuke ishigaki

久々の蕎麦でつね。

ああ、ここは今まで気づかなかったな。まだまだあるもんだ。

kurosuke ishigaki

もう少し先の「木の小屋」さんといい、ここもお店の人が気さくでイイ!

お、できたみたいでつ。

kurosuke ishigaki

冷やしたぬきそばである。

お昼用の蕎麦はこれが最後だった。セーフ。

それでもまだまだお客さんが来るので、さらに蕎麦を打っています。

30分待ちと聞いて諦めて帰るひとも。

kurosuke ishigaki

おお太切り田舎蕎麦だ。

一本が通常の蕎麦二本分の太さがあるぜ。

kurosuke ishigaki

鰹節の香り高いつゆをたっぷりな。

kurosuke ishigaki

食べ慣れた深大寺蕎麦とはまた違う味わい。蕎麦も奥深い。

kurosuke ishigaki

箸休めに小鉢と小皿も付いてきます。

kurosuke ishigaki

素朴なタケノコとこんにゃく、お揚げの煮物。好物。

kurosuke ishigaki

切り干し大根。

kurosuke ishigaki

こちらでは大盛りがない代わりに野菜天ぷらがどれにももれなく付きます。

kurosuke ishigaki

サクっとな。

kurosuke ishigaki

おまけ。蕎麦はこいういものを細く切ったものなんだよなと食べながら改めて思う。

kurosuke ishigaki

さて、最後にのこしておいたこのタマネギ天。つゆをかけてサクっと。

kurosuke ishigaki

あとから運ばれてきた蕎麦湯の猪口にはさらにひとくち蕎麦が。

このためだけに新たなつゆも。

kurosuke ishigaki

温かい蕎麦を頼んだ人にもこの生そばを味わってもらおうという趣向だろう。

もちろん冷たいそばにも付いて来るのでトクした気分。

kurosuke ishigaki

これだけの蕎麦を茹でた蕎麦湯は濃厚!

これはまだまだ上澄みだった。

kurosuke ishigaki

お腹いっぱいだー。

kurosuke ishigaki

お蕎麦は消化がいいから、また帰り道にお腹すくんじゃないでつか。

kurosuke ishigaki

うーん、そうなんだよな。

kurosuke ishigaki

また良いお店を見つけちゃったね。

kurosuke ishigaki

ぼくも帰ってオヤツでつよ。


応援よろしくでつ。
ぽちっと押して欲しいでつ。



コメントも嬉しいでつ。

ここから送るでつ






スポンサーサイト
18:59  |  くろすけとグルメ  |  コメント(0)

2018.05.16 (Wed)

エスニックカラーでお届け。


今日はざくちん&yuki嬢と福生にふたたび。

以前はハンバーガーブームで2回ほど訪れたね。

kurosuke ishigaki

今日は以前から気にはなっていたこのお店、折からのマイタイ食ブームに乗って初訪問。

タイ料理レストラン カオマンガイ16号である。

店外の席であればくろちゃん、ざくちんと一緒だ。

しかし料理の写真を撮るにはこの黄色と白のパラソルはクセものだ。

写真がみな黄カブリといって、黄色になってしまうのだよ。

黄色はあとで補正するにも厄介な色。

kurosuke ishigaki

国道16号を挟んで向かいは米軍横田基地。

お店は米軍ハウスを改装したもので、この並びにはそういったお店が

いくつかあります。

kurosuke ishigaki

建物の左横にもテラス席があるのだけれど、このパラソルがタイのイメージなので

あえてこの席を。

あれ、今日はいつも店頭にあるトレードマークのトゥクトゥクが無いな。

トゥクトゥクとは、タイのオート三輪タクシーだ。

kurosuke ishigaki

暑い。

ここではモノクロと交互に撮りましたが、料理のモノクロ写真は

まったくおいしそうではないので

今日は海外の印刷物のような色調のイメージフォトにしよう。

kurosuke ishigaki

トーンをいじって彩度を下げます。

今日のエスニックな雰囲気によく合うかもね。

kurosuke ishigaki

料理はあまりうまそうに見えないが、外国の航空会社の機内誌の広告写真みたいで

ちょっと気分かな。

kurosuke ishigaki

わたしのオーダー、店名にもなっているカオマンガイである。

タイの定番料理だ。

kurosuke ishigaki

プルプル系の鶏料理が苦手というかたもお見受けしますが、

このスープ炊きが鶏のいちばんおいしい食べ方だと思うな。水炊きしかり。

kurosuke ishigaki

タレは各店趣向を凝らしてそれぞれの味を作っているようだね。

ここは少し酸味のある爽やかタイプです。

kurosuke ishigaki

以前カオマンガイを食べたところでは、ご飯はタイ米の鶏スープ炊きだったけど、

こちらはさらに炒めてあるのかチャーハンのような風味で、今までになくウマイ。

どりどりと変な角度からyuki嬢。

kurosuke ishigaki

こちらはyuki嬢オーダーの汁なしトムヤム麺。

kurosuke ishigaki

ライムを絞るってとこがもう。

kurosuke ishigaki

汁なしとは言っても多少の水分はあります。

その名の通りトムヤムクンの具材たっぷり、パクチーも。

わたしもどりどりしてみたが、ごく最近家で食べたなこの味は。

kurosuke ishigaki

ほれ、鶏にく。

暑くて食べる気せんでつ。

お店で出してもらった水入れにしっぽをつけながら言うか!

kurosuke ishigaki

食べちゃ撮りのわれわれです。

食べ物には当然目が無いが、撮るのも大好き。

混雑している店ではなかなか出来ませんが、こういうテラス席は気兼ねなく

カメラを向けられるのが外席を選ぶもうひとつの理由であります。

kurosuke ishigaki

一通り食べ終わると、yuki嬢がてぽてぽと店内へ。

kurosuke ishigaki

実はランチタイムはグリーンカレーライスやスープが

フリーでおかわり自由なのである。

kurosuke ishigaki

完食。

kurosuke ishigaki
photo:zakuro yuki

自称巨匠、歩道にある喫煙コーナーでいっぷくの図。

kurosuke ishigaki

これじゃ済まんのでしょ、アンタたちはー。

次回へ引っ張る。

YouTubeのこのチャンネル面白いよ。




応援よろしくでつ。
ぽちっと押して欲しいでつ。



コメントも嬉しいでつ。

ここから送るでつ






22:49  |  くろすけとグルメ  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT