2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2017.04.19 (Wed)

新緑定番さんぽ。


atu♂:うららかである。

kurosuke ishigaki

というか暑い。

kurosuke ishigaki

yuki嬢・ざくちんとともに。

ここはもちろんご存知、

kurosuke ishigaki

深大寺である。

kurosuke ishigaki

一年のうちで一番良い陽気だな。

kurosuke ishigaki

新緑が眩しいほどでつ。

さ、蕎麦だそば!

kurosuke ishigaki

七味でも振ったみたいでつね。

kurosuke ishigaki

相変わらず独特のアングルでざくちん激写。

ま、アングルは普通の縦アングルなんだけどね。

撮影ポーズが独特なのだな。

kurosuke ishigaki

さて今日は植物園側の松葉茶屋で。

yukiさんは硬派な十割。

kurosuke ishigaki

おれも硬派。

kurosuke ishigaki

わたしは、あれも食べたいこれも食べたいと迷った末

賑やかに五色ぶっかけ蕎麦だー。

kurosuke ishigaki

これは器につゆを直接かけて食べるんだろうけど、

この前辛味大根蕎麦をお願いした時に、ぶっかけを

つけ蕎麦に変更してもらったのを覚えてくれていたのか、

はたまたこういうものなのか、今回は蕎麦猪口付きでありがたい。

kurosuke ishigaki

なかなかいい蕎麦。

隣りにもコシが売りの競合店があって、いい意味競い合っている感じがするね。

kurosuke ishigaki

山菜、大根おろし、お揚げ、いんげん、かまぼこ、そしてえび天。全部のせだね。

あれ、六色か?まあいい。

kurosuke ishigaki

ふうー。と、これはyukiさんのだった。

kurosuke ishigaki

ふうーっ。

kurosuke ishigaki

口福ですな。

ごちそうさん。

kurosuke ishigaki

鬼太郎茶屋で、また何やら仕入れてきたようでつよ。

姐さんおかえりなさい。

yukiさんと来たときはこれじゃ済まないことは学習済み。

鬼太郎茶屋向かいの鈴やへ。

kurosuke ishigaki

ほれ!

kurosuke ishigaki

もひとつ。

kurosuke ishigaki

よろしい。

kurosuke ishigaki

かいぬし、今日はぼくの写真がめっぽう少ないんでつけど。

ざくろ道を待て。


応援よろしくでつ。
ぽちっと押して欲しいでつ。



コメントも嬉しいでつ。

ここから送るでつ






スポンサーサイト
21:05  |  くろすけと蕎麦とグルメ  |  コメント(0)

2017.04.15 (Sat)

花も如庵。


atu♂:雨が降ってしまったのですこし見頃を逃したかな。

kurosuke ishigaki

まあこれはお店の鉢植えなので、よいコンディションでつ。

kurosuke ishigaki

可憐である。

かいぬしの口から出るセリフではないでつね。

kurosuke ishigaki

この湯のみでどこのお店か判るひとはなかなかのくろすけブログ通。

kurosuke ishigaki

ここは、玉川学園 如庵である。

如庵はお蕎麦屋さんともうひとつ花如庵というお花屋さんもあるので、

おもての席だとこうして花を愛でながら食事が出来るわけだな。

kurosuke ishigaki

いつもの大盛りせいろに

kurosuke ishigaki

今日は鴨でいただきます。

kurosuke ishigaki

温かいつゆもそろそろ終わりかな。

そして、春なのでなにかおすすめはということで

kurosuke ishigaki

天使のえび刺身。

kurosuke ishigaki

甘い身の刺身と

kurosuke ishigaki

頭を素揚げに。

kurosuke ishigaki

素材そのものをいただくわけだから、これ以上の料理は無いね。

kurosuke ishigaki

完食。

kurosuke ishigaki

ふうー、うまかった。

贅沢をしたな。

kurosuke ishigaki

テーブルの下だからぼくが鴨肉に気付かないとでも?

kurosuke ishigaki

そう来るだろうと、今日はササミまきまき持参。


応援よろしくでつ。
ぽちっと押して欲しいでつ。



コメントも嬉しいでつ。

ここから送るでつ






14:47  |  くろすけと蕎麦とグルメ  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT