FC2ブログ
2018年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2018.03.23 (Fri)

むかしさんぽ。


急に晴れたので散歩に出るか。

待ってましたでつっ!

kurosuke ishigaki

ここは近所の遺跡だけど、しばらく来ないうちにずいぶんと立派に

なっているぞ。昔はジメジメしたところに竪穴式住居の再現が建っていただけ。

太古の昔からここには人が住んでいたのだな。我が家の近くにも別の遺跡群がいまだ

発掘調査中でもう数十年も空き地のままだ。

kurosuke ishigaki

ところで、ローカルネタで恐縮ですが、この高ヶ坂は「こがさか」と読むそうだ。

「読むそうだ」とまるで人ごとのように言うけれど、この土地で生まれ育って五十有余年、

ここは「こうがさか」であった。

誰が決めたのか、略語の「こがさか」を正式名称にしてしまった。

kurosuke ishigaki

呼称決定の際調査をしたそうだが、ここを正式に「こがさか」と呼ぶと思っている人は

旧くからの地元の人ではない。もちろん私も「こがさかだんち」とか会話では使うけれど

何かに住所を書いてルビを振るときは「こうがさか」と書く。

生まれて初めて覚える地名が自分の家の住所なのだからそうそう変えられないのだ。

ちなみに通っていた幼稚園も「こうがさか幼稚園」だし、スクールバスにもそう書かれている。

町田市政に不満はないが、これだけは許しがたいね。

というわけで、今日はモノクロでふるさとを撮ってみよう。

kurosuke ishigaki

これはガードレールに取り付けられている反射鏡。小学校の通学路に今もある

私の小学生当時からのもの。この埋め込まれているガラス玉を触るのが好きだったな。

kurosuke ishigaki

今は高層マンションが建つ幼馴染の家があった裏手に小さなうつわやさん。

くろちゃんを入れてもらえたので、しばし見学。通えば良いうつわに出会えそうで

近々の個展の案内ハガキをもらいました。

うつわ ももふく

kurosuke ishigaki

大きなお寺である。

小学生の頃、この寺の並びで熱帯魚店を営んでいた同級生とよく遊んだ。

kurosuke ishigaki

再開発道路でお寺の境内が分離され、補償があったのか、随分立派になりました。

kurosuke ishigaki

もはやランドマークタワーの立体納骨堂。

kurosuke ishigaki

この鐘撞堂は昔からありましたが、移動しているようだ。

kurosuke ishigaki

山門は当時の面影。

kurosuke ishigaki

本堂も当時のままのようですが、曳家をして移動したのでしょうか。耐震基礎の上に

浮いているようです。

kurosuke ishigaki

横から流れる甘露水をいただくでつ。

kurosuke ishigaki

南無〜。

くろちゃんはモノクロでもくろちゃんだな。

kurosuke ishigaki

こんなに広かったかなあ。

kurosuke ishigaki

お寺を出ると、以前から来よう来ようと思って早幾年のやきとり屋の

名前が変わっていましたが、以前と同じ店のようです。

kurosuke ishigaki

モノクロは色情報がないので、自分が何を狙って撮ったのかがよくわかります。

ここに載せるからには、皆さんに何を見せたいのかということになるので、

カラーよりもインタラクティブ、相互意思疎通がしやすいね。

kurosuke ishigaki

再開発の波が激しい昨今でも、ちょっと横道にはいれば

4〜50年前と変わらない景色もあります。

kurosuke ishigaki

このお好み焼き屋は高校生のときに何度か来た。

閉店して久しいけれど、取り壊しもせずずっとこのまま。

kurosuke ishigaki

商店街にあるこっちのお好み焼き屋は小学校の頃に来たから50年近く前からある。

kurosuke ishigaki

町田は旧くからの乾物屋が多かったのですよ。土地柄だそう。

kurosuke ishigaki

ここはレトロな仲見世商店街の一店。駅寄りにもう一本都南デパートというのもありましたが

そちらはとうに姿を消しました。いわゆる横丁商店街に屋根をつけたアーケードのはしり

だったところです。昭和20年代には前身が存在していたと思われます。

私が幼稚園児の頃と匂いが変わっていません。

今でこそ渋谷に次ぐ街などと言われていますが、昔の方がもっと生活しやすい町でした。

kurosuke ishigaki

商店街の端から端まで歩けば生活に必要なものは全て揃う。

今はショッピングセンター1軒ですけどね。

kurosuke ishigaki

ビルの狭間に残る昔の町田の商店街の面影。

kurosuke ishigaki

ほうじ茶を焙煎する香り。

こちらのお茶屋さんも老舗。主人がお茶を振舞ってくれたので店内に入ると、

16歳になる看板ワンコがおりました。

茶道具も多く扱っているので見ると、うちにある母の遺した抹茶椀に似た絵付のものが

多くある。母はこちらで買い物をしていたのかもしれないな。

創業160年 老舗 ひじかた園

kurosuke ishigaki

さて、向かいにあるハマケイでお花見チキンバスケットをいただいて帰ろう。

kurosuke ishigaki

フライドチキンや揚げ物がどかどか入っているぞ。

kurosuke ishigaki


今は市民文学館 ことばらんどの看板があがっているが、ここは公民館だったところだ。

高校生の時とそのあと、ここのホールで2回ほどコンサートをやったな。

音響がとてもいいホールで、グランドピアノもあった。

今はどうなっているのかな。

この建物の前の旧公民館は戦時中からあったような建物だった。

kurosuke ishigaki

向かいのこの三軒は昔のままの佇まいだが、老朽化が甚だしいので風前の灯火だろうな。

kurosuke ishigaki

どこへ行くにも坂道を上り下りしなければならない我が家だけど、やはり故郷はいいものだよなあ。

他の坂道より近道でしょうけどこの階段はツラいでつ。

kurosuke ishigaki

お、神社の桜がこんなに!

今日はくろちゃんのおかげでいろいろな人と話をしたな。

商店街で出会ったおばちゃんは町田の昔を知っていて、乾物屋の前でずいぶんと長いこと

立ち話をした。楽しかったね。

かいぬしは誰とでもすぐに話し込んじゃうでつからね。きっかけはぼくの話題だったのに。

kurosuke ishigaki

さあ、いよいよ桜だな。

また歩きましょうでつ!


応援よろしくでつ。
ぽちっと押して欲しいでつ。



コメントも嬉しいでつ。

ここから送るでつ






スポンサーサイト
19:11  |  くろすけ日記  |  コメント(0)
 | HOME |