FC2ブログ
2018年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2018.05.05 (Sat)

モグモグふむふむ。


GWだからどこかへおでかけだと思えばー

kurosuke ishigaki

隣駅じゃあないでつか。

kurosuke ishigaki

atu♂:隣駅でも立派なお出かけだ。

わたしは大勢の人が動くときはむざむざ出かけないのだよ。

kurosuke ishigaki

ご存知 相模大野 タイ料理ソイガパオである。
kurosuke ishigaki

たまにはおもてで食べないと、自分の作ったものが

本当にタイ料理の味なのか判らなくなるのでな。

このスープも少し甘みがあったんだな。

kurosuke ishigaki

ナンプラーとチリソースベースのドレッシング。

ああ、ライムが絞ってあるのか。なかなかうちでは使わないな。

kurosuke ishigaki

ライムの香りの有無でぐっと雰囲気が変わる。

kurosuke ishigaki

今日は定番のカオマンガイやトムヤムクンラーメンではなく、

シェフのきまぐれランチをお願いしてみました。

kurosuke ishigaki

この前のプーパッポンカリー以来、ちょっと卵とカレーの合わせ技が

気になるのでね。

kurosuke ishigaki

鳥の唐揚げをカレー風味たまごでとじてあるのだけれど

これはプーパッポンカリーより卵の割合が多い。

でもしっかりタイカレーの辛さと風味がある。

玉ねぎや野菜を炒めたのちスープ状のカレーで煮込んで、

最後に溶き卵を入れて軽く炒った感じかな。卵にも味がついているかな。

もちろんナンプラーは必須だ。

プーパッポンカリーのようにカレーに卵を混ぜ込んで火を通したものとは

違うようです。

kurosuke ishigaki

鳥の唐揚げとタイカレーがあれば家でも真似できそうだな。

考え方はカツ丼のそれのタイ版というところだけど、さっきのライムや

セロリが入っているところが何とも異国風だ。

しかし全体から醸し出されるこの泡盛のような香りは

やはりライスによるものか。

kurosuke ishigaki

ここの薄緑のうつわもいいよな。

kurosuke ishigaki

食べながらブツブツ味の分析をしてイヤな客でつね。

まーた家で実験でつか。

作るならぼくも食べられるものにしてくれとあれほど。


応援よろしくでつ。
ぽちっと押して欲しいでつ。



コメントも嬉しいでつ。

ここから送るでつ






スポンサーサイト



18:43  |  くろすけ日記  |  コメント(0)
 | HOME |