FC2ブログ
2019年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2019.04.14 (Sun)

浮世離れ。


いぬと、たまに餌をねだりにやって来る野鳥と、庭を横切る

顔見知りのネコたちと暮らしているわたしは

kurosuke ishigaki

自営ということもあり長い事気ままに暮らしてきたけれども。

kurosuke ishigaki

ついに人間界に顔を出さねばならない時が来た。

持ち回りとはいえ町会のお役を引き受けることになったので、

これから数年は人間らしい振る舞いをしなくてはならないようであります。

kurosuke ishigaki

今日は年に一度の総会。

ご近所の皆さんの前へ出て何か喋ったりなど、仕事以外では出来るだけ自分の生活から

遠ざけて来たけれど、山奥に一人で住んでいるわけでもあるまいし そうそう世間と

関わりを持たずに生きていくこともできないのであります。

kurosuke ishigaki
kurosuke ishigaki
kurosuke ishigaki

奇しくも今は亡き両親も生前はこちらでいろいろとお手伝いさせていただいたので、

「親子二代にわたって…」などとご紹介にあずかると、「これも因果か。」などと思わずにはいられず

「よろしくお願いいたします。」などとひくくコウベをたれてしまうわたくしでありました。

kurosuke ishigaki

随分前に一度はこうした気持ちになりかけた時もありましたが、

当時存命で、副会長などというお役をお受けしていた父いわく、

「お前はそのように出来ていないので無理だ。かかわるな。」などと言われたこともあり

以来無縁を決め込んでおりました。

kurosuke ishigaki

亡母もさらに以前からお手伝いをさせていただいており、没後ずいぶんと経つのに

未だ話題に上るという始末。

kurosuke ishigaki

息子としては「そこまで。」のつもりで過ごして来ましたが、「関わるな」とは言ったものの

あまりの私の奔放ぶりにこれではいかんと空から眺め思ったか、

今年、母の没後20年、来年、父の没後10年という節目に いまさらながら千尋の谷へ

突き落とされたようです。

kurosuke ishigaki

ダメ押しで総会終了後に帰宅して空などを眺めていると、たまたま我が家と同じ霊園に墓所をお持ちの

小学校の担任の先生 (在学中に職場結婚されたので、亡くなられたご主人も存じ上げ。) から

本日ご主人先生の7回忌の墓参かたがた当家のお墓まいりもしていただいたとメールが届き。

…なあに、偶然、考えすぎ。と笑い飛ばせるほどの人間ではないので、くろちゃんにいつも以上の

おやつを与えて近くに呼び寄せたのでありました。

kurosuke ishigaki

おやつが切れたらそこまででつから。

みなさん持ち回りでやられてるんでつよ。オーバーなコジツケをしないで

ちゃんとした生活をしろってこと。


応援よろしくでつ。
ぽちっと押して欲しいでつ。



コメントも嬉しいでつ。

ここから送るでつ






スポンサーサイト



22:26  |  くろすけ日記  |  コメント(0)
 | HOME |