FC2ブログ
2019年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2019.06.24 (Mon)

りんご。


雨の合間に。

kurosuke ishigaki

梅雨が明ければ、この時間帯でも暑くて散歩どころじゃないでつからね。

kurosuke ishigaki

飛行機で雲の上に上がれば、もう太陽は真夏の近さにあるはずだ。

kurosuke ishigaki

そう思うと 雲の光と熱を遮る力はすごいものだな。

kurosuke ishigaki

肌寒く感じるほどだ。

kurosuke ishigaki

灼熱の太陽が顔を出す前に、たっぷりと雨を降らして水を蓄える。

kurosuke ishigaki

梅雨は理にかなっているね。

kurosuke ishigaki

長雨は鬱陶しくもあるけれども、

kurosuke ishigaki

無ければ本当に困ることばかり。

kurosuke ishigaki

そう思って梅雨の長雨を楽しみましょう。

kurosuke ishigaki

おお、数日見ないうちに随分進捗しておるぞ。

雨が降っても工事は続いていたのだな。

kurosuke ishigaki

階段はこうして造られるのかあ。

一段一段、雨の中ご苦労様でつ。

コンクリートは固まる時に熱を発するそうだが、雨が降ったほうがいいのかな。

kurosuke ishigaki

これはノカンゾウかな。赤と黄色の対比が美しい。

何となくリンゴを思い出すね。

りんごといえば、和太鼓の龍和君が美空ひばりの『りんご追分』を和太鼓でアレンジして

つい先日の公演で大誠君の太鼓、湧利君の篠笛とともに披露したものは

お客さんも大喜びだった。

春の熊野神社さくらまつりでも湧利君とのペアで演奏していたな。

kurosuke ishigaki

そういえばおとといのハープ演奏でも やはり美空ひばりの

『津軽のふるさと』を聴かせてもらった。

こちらも「りんご」の歌詞が印象的だ。

美空ひばりといえば、先月はひだまり荘でのレコード鑑賞会でも特集して

たくさん聴かせてもらった。

ということで、最近なぜか美空ひばりの歌を聴くことがいやに多いのだけれども、

日曜のハープ演奏であらかじめ教えてもらっていた『津軽のふるさと』を

撮影イメージ作りのためにYouTubeで探して動画を観たら

もうすっかりこの曲の虜になってしまった。

音符を辿ってメロディーに歌詞をつけてを歌っているのではない。

言葉にメロディーがついているのだ。

夢中でギターで音を拾って覚えてしまった。

頭の中にこの歌がずっと流れているここ数日間である。

そして今日愕然とする事実を知った。

kurosuke ishigaki

『林檎忌』。今日 6月24日はひばりさんの命日だった。

kurosuke ishigaki

命日が近づくと不思議と思い出す人というのはいるものなのだな。

今日のひばりさんを知った時はたまげた。

同じ経験をしたのは清志郎さんと森田童子さん、かな。


美空ひばり 『津軽のふるさと』




応援よろしくでつ。
ぽちっと押して欲しいでつ。



コメントも嬉しいでつ。

ここから送るでつ






スポンサーサイト
23:59  |  くろすけ日記  |  コメント(0)
 | HOME |