FC2ブログ
2020年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2020.02.15 (Sat)

ゆめにみた。


昨日夢に見た。

小学校の校舎。

kurosuke ishigaki

今日、あっくんの小学校で作品展があるということなので

あっくんパパに誘ってもらいあっくん一家とともに

わたしにとっては数十年ぶりに母校へ。

在校生の父兄と一緒でなければ入ることはできなかっただろう。

kurosuke ishigaki

同じ場所に同じものがあるだけで嬉しい。

kurosuke ishigaki

パステルな色の塗装がされているが

同じ遊具がそのままに。

kurosuke ishigaki

耐震補強工事を施され外観は変わったようだけど

中は当時と同じ体育館。私が在校中に建ったものだ。

kurosuke ishigaki

作品展はこの体育館で行われているけれども

作品個々に学年と名前が書かれているので

今のご時世では仕方あるまい。

kurosuke ishigaki

遠景のみ。

在校全学年の美術や家庭科の作品がぎっしり展示されていた。

なかには目をみはる作品も見られ、ご紹介できないのが残念。

kurosuke ishigaki

体育館の壁に卒業生の記念制作の校歌の木彫。

今でも歌えるが、あれ!?

二番の歌詞に「梅をかざして」とあるが

私は在校中の6年間はもちろん、今日の今日まで

「夢をかざして」だと思っていた!

確かに校章のモチーフは梅である。

kurosuke ishigaki

校舎の中も解放されていて懐かしさのあまり感涙。

しかし撮影禁止なので、ここだけ。

ここは校舎の外周にある通路で、珍しい造りである。

休み時間に悪友とこの通称『奥ベランダ』でいろいろ得たものは

今でも私のなかに残っている。

kurosuke ishigaki

今でも頻繁に見る学校の夢はほとんどがこの校舎のもので、

昨日も見た夢と今日の現実がほとんど違わないことに

驚く。まあ、ここの記憶を夢に見ているのだから当然だけれども

卒業してからすでに半世紀近くが経とうとしているのだ。

そう、昨日の夢では職員室をのぞくのだが、夢でもやはりOBとして

訪問していたようで知っている先生が一人もいないなあと思ったが、

全く同じ光景を今日見てしまった。夢と違うのは現実は先生が若い!

職員室がまるで大学生の教室のようだ。

職員室の廊下の壁に昔の写真が何枚か貼り出されていたけれども

その中に私たちの時代のプール授業や運動会の写真があった。

私は写っていないが、名前の言える同級生たちがそこに。

kurosuke ishigaki

興奮してあれこれ書き綴りましたが、

これも全てあっくんのおかげ。

不思議な縁を今更ながら感じるなあ。

kurosuke ishigaki

これは9ヶ月のくろちゃん。

あっくんが生まれる前ってんだからたまげる。


応援よろしくでつ。
ぽちっと押して欲しいでつ。



コメントも嬉しいでつ。

ここから送るでつ






スポンサーサイト



23:59  |  くろすけ日記  |  コメント(0)
 | HOME |