2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2017.10.22 (Sun)

思い出はフイルムの中に。


atu♂:台風である。

選挙に出たついでに買い物を済ませて、今日はもう出かけられないな。

さて、なかばライフワークのひとつになってしまった親の遺した膨大な写真の整理。

ネガフイルムも多く残っているのでまたデジタル現像してみよう。

今回は比較的新しい1990年代のカラーネガ。

kurosuke ishigaki

これは厳島神社だな。

両親のどちらが撮ったものかは不明だけど、右下がりなこの構図はおそらく父。

カメラはオリンパスのOM-10。

kurosuke ishigaki

同じロールに広島原爆ドームが写っている。

母と先代の主、ゴロ号。

彼も両親とともにあちこち旅したなあ。

kurosuke ishigaki

同じく広島原爆ドームを対岸より撮っている。

これは珍しく水平が出ているから、あるいは母が撮ったものか。

もっと撮ればいいものをと思いつつ、当時はフイルムだから35mm 24枚撮かあ。

今回、ビュワーの上にフィルムを置いて上から俯瞰撮影したものを

photoshopで反転現像しています。

kurosuke ishigaki

おっと、これはわたし。1970年代、小学生4〜5年といったところか。

父と登った長野県戸隠山への往路、小休止の時。これを撮ったことは今でも覚えている。

後ろに見えるのが戸隠山。のこぎりの歯のようなあの山にこれから挑むところで、

母は怖いからと宿に残って父と二人で登った思い出深い山である。

落ちたらまず助からないと言われる幅50cmほどの

蟻の門渡り(ありのとわたり・戸渡り・塔渡り)

と呼ばれる切り立った細い尾根を這いつくばって越えた。

今も忘れられない素晴らしい山行だったな。

下山後麓で食べた戸隠そば。以来蕎麦と言えば戸隠というのが今もわたしの中にある。

今見ても凄いここの動画をYouTubeで見つけたので貼っておくよ。



また行ってみたい。

kurosuke ishigaki

ぼくはおことわりでつ。ゼッタイ!

スポンサーサイト

応援よろしくでつ。
ぽちっと押して欲しいでつ。



コメントも嬉しいでつ。

ここから送るでつ






22:33  |  くろすけ日記  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME |