FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2017.12.26 (Tue)

こんにゃく。


このところあぶらっこいお料理の写真が続いたので

kurosuke ishigaki

今日はさっぱりといきましょう。

kurosuke ishigaki

広島県産100%のこんにゃくで味噌田楽である。

やや黄味がかった色をしています。

kurosuke ishigaki

風味がいいな。

kurosuke ishigaki

こちらは見慣れた群馬産こんにゃく。全国生産量の約九割を誇る。

こんにゃくのこの色は、古代の製造工程で皮ごと蒟蒻芋をすりおろしていたためが本来だけど

現代の発達した製粉方法では真っ白に製粉されるため、わざわざひじきなどの粉末を入れて

着色しているそうだ。

理由は白いとこんにゃくっぽくないからだと。

これはよく見かける量産品の話。もちろん昔ながらの製法で作っているものもあるだろう。

一方広島産の今回購入したものは

生芋をそのまま皮ごとすりおろした昔ながらの製法で、これが蒟蒻芋本来の色だそうだ。

普通の半分のサイズでも結構いい値段。

広島産でも関東と同じ粉末製法で作ったものはやはり白くなるだろうから、

産地による蒟蒻芋の種類の違いというわけではなさそうだ。

値段の違いは手間のかかる製法で作ったということだな。

kurosuke ishigaki

並べると色がだいぶ違います。

広島産のほうが少し厚く切ってあるのでぶりっとした歯ごたえですが

咀嚼してみるとさほど違いはありません。

誰がどうしてこんにゃく芋からこういうものを思いついたのか

思いをめぐらすのも食事の楽しみでありますね。

kurosuke ishigaki

おにくのかわりにしようってんじゃ?

くろちゃんに与えても問題はないようだけど、消化が悪いようだからあまりたくさんはダメ。

スポンサーサイト




応援よろしくでつ。
ぽちっと押して欲しいでつ。



コメントも嬉しいでつ。

ここから送るでつ






23:26  |  くろすけ日記  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME |