FC2ブログ
2019年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2019.07.01 (Mon)

かいぬしの足元で待つでつ。


明け方まで仕事をしてしまったなあ。

朝の四時ごろ窓を開け放って焼きそばをしゃーしゃー焼くのはやめてくででつ。

腹が減ったのでな。ご近所には申し訳ないとは思っている。

今度会ったらこちらから先に謝っておこう。

明け方に焼きそばをしゃーしゃー焼いてスイマセンとな。

言わなければ気付かなかったのにという事になりそうだけど。

kurosuke ishigaki

今日の散歩ではずいぶん色々な人と話をした。

kurosuke ishigaki

まず出がけに家の前で近所の幼馴染のお母さん。いつも登場する人とはまた別のひと。

毎度のことだけど、ずいぶんと話し込んでしまう。

「あなたと話をしていると亡くなったあなたのお母さんと話をしているみたい。」

まあ、これは最近ご近所によく言われること。年齢的に風貌が似て来たのかも知れない。

父を知る人には父に似て来たとも言われる。

kurosuke ishigaki

お次はひだまり荘までやって来てジュースの自販機でDrPepperを取り出していたら

「あー、ここに出るのかー」と仙人のような風貌のしかしきちんとした身なりの御仁。

思わず「今、公園工事で通り抜けができなくなっていますからね」と私。

kurosuke ishigaki

そこから話しながら芹が谷公園へ一緒に歩く。どうやら生まれも育ちも地元町田の大先輩

のようだ。戦中のお生まれで、以降このあたりの変遷をずっと見て来られたと。

小学校も同じ。とは言え当時この近くの母校は駅至近にある中学校の分校で、その校舎の

いくつかの教室を使って小学校として開校していたという。

今私が関わっているプロジェクトで、このあたりの歴史について調べていたのでいろいろ

質問すると、思わぬ新事実が聞けたり疑問が解けたりと、出会ってからこれまた随分と話し込む。

kurosuke ishigaki

そして御仁と話していると、さらにお年上の上品なご老人がこれまた登場。

お二人はお知り合いのようで、こちらも普段は通らない道を今日は通ってみたということで、

そうしたら仙人の御仁と久しぶりに出会ったと。こちらも旧くからお住いの方で、私も交えて

さらに数十分立ち話が続く。

かいぬしー、もうそろそろ歩きたいでつ。

足元で静かに待っていたくろちゃんに促されてまた会いましょうと別れたら

もう公園の連絡トンネル閉門時間。

トンネルの入り口でうろうろしていたら管理事務所の警備員さんが門を閉めにやってきた。

いつもは会釈しかしないのに、今日は大階段付近の工事で壊されてしまったホタル生息地に

いかに大量のホタルが乱舞していたかを語り始めたので、またあれこれ話す。

kurosuke ishigaki

さすがに散歩する仲間もおらず、さて帰ろうかと坂道を登りかけると、

今度は春頃オープンしたカフェのテラスからくろちゃんに声をかける人が。

このカフェの二階にアトリエを構える著名なイラストレーターさんである。

kurosuke ishigaki

いつも夕方になるとこのテラスに出てワインを一杯楽しむのが日課で、散歩の時

前を通るので会釈程度はしていたのだが、今日は階段を登ってそこでまたしばし談笑。

わたしもよく知る道志や富士の麓に共通の話題があって盛り上がるも、

こちらは近々地元プロジェクトで取材撮影に入る予定なので改めてまた。

kurosuke ishigaki

今日はほとんどお散歩してないんでつけど。

kurosuke ishigaki

かなりご不満なくろちゃんである。

kurosuke ishigaki

私も日課なので遅い昼飯のレトルト中華丼を載せておきます。

kurosuke ishigaki

というわけで、今日撮った写真はこれだけ。

しかし写真を撮る以上にたくさんの話が聞けた1日であったなあ。

かいぬしは最近だれかと話しだすと僕を忘れて長いから困ったもんでつ。

スポンサーサイト




応援よろしくでつ。
ぽちっと押して欲しいでつ。



コメントも嬉しいでつ。

ここから送るでつ






23:59  |  くろすけ日記  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME |