2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2017.01.08 (Sun)

いちばんおいしいのは!


atu♂:さて、深大寺のマイ蕎麦ランクを暮れに発表しましたが、

それ以外の場所でのおいしい蕎麦処も発表しておかなくてはな。

全てくろちゃんと一緒だよ。

kurosuke ishigaki

ぼくのおあずけの歴史でもありまつけどね。

では、ノミネート店を。

kurosuke ishigaki

ここは、ちょっと前になるけど足柄峠にある民家蕎麦処 うるし亭。

すぐ近くにあとで紹介する万葉うどんがあってちょっとかすみがちだが…。

時系列で行くと、こここそが庭蕎麦はじめの店だったか。

kurosuke ishigaki

陣馬そば山下屋。

こちらも何度か通ったね。

民家の庭先で食べる蕎麦のうまさにはまったきっかけとなったお店。

kurosuke ishigaki

玄庵檜原。

それまでは、くろちゃんと一緒に入れるお店というチョイスが先だったけど、

手打ち蕎麦そのものを味わうことに重きをおくようになった最初のお店。

ここはテラスで庭蕎麦ではないけど、くろちゃん同伴。

kurosuke ishigaki

よく行く宮ヶ瀬で本格蕎麦を食べられる所はと探したのがこちら。

手打ち蕎麦 山登。小分けなので総合的には大盛りに満たないのだろうけど、

数があるというのは蕎麦っ喰いにはうれしいものです。

kurosuke ishigaki

そしてたどりついたのが ここ 木の小屋。

究極の庭蕎麦だと思います。

kurosuke ishigaki

うどん圏とのせめぎ合いエリアである山梨は忍野村の 池本茶屋。

ここは観光地と割り切っていたけど、しっかりした自家製粉の手打ち蕎麦。

観光客の外国語飛び交う中での蕎麦は異次元体験だったな。

kurosuke ishigaki

蕎麦と雑穀料理 杜々。

高尾には蕎麦処は数々あれど、くろすけと一緒に入れるお店は皆無だった。

良い庭のあるこのお店を見つけたときは小躍りしたな。

kurosuke ishigaki

蕎麦 みちこ

庭蕎麦、と言うより山蕎麦の境地までいざなってくれた。

訪れる旅人をもてなす心を感じたなあ。


番外

kurosuke ishigaki

今回は蕎麦処というカテゴリーなので、うどんは番外にさせていただきましたが、

ここ、足柄峠の足柄古道万葉うどんのカレーうどんは是非とも紹介しておきたく。

kurosuke ishigaki

宮ヶ瀬 鳥居原ふれあいの館のかき揚げそば。

食べた回数から言ったら一番多いかも。外めし筆頭。

kurosuke ishigaki

道の駅ふじおやま

パーキング系食堂では宮ヶ瀬に次ぐ利用頻度ですが、蕎麦専門ではないので。

kurosuke ishigaki

道の駅はこね峠。

駅そばの元祖。


…と言う訳で、食べも食べたりという感じですが、

蕎麦の味で言うと、どちらのお店も皆おいしいのです。

くろすけとともに旅をする私にとって、もっとも有り難いのは

くろすけも家族同然、客として扱ってくれることがなにより嬉しい。

紹介した全てのお店でくろすけとともに食事ができたのですが、なかでも

kurosuke ishigaki

ここ、木の小屋さんが総合的に一番。

kurosuke ishigaki

求めるものは人それぞれなので、あくまでも私の結論ですが、

kurosuke ishigaki

蕎麦に限らずおいしい食事は、口にするそのものだけでなく、その場の空気や雰囲気など

その時自分をとりまく環境が一体となって取り込まれる事によるのです。

ほかのお店がそうではなかった訳ではないけれど、木の小屋さんはダントツだったなあ。

kurosuke ishigaki

私自身がこういう雰囲気に飢えているのもあるでしょう。

kurosuke ishigaki

ぼくはテーブルの下にいただけでつけどね。

木の小屋さんは、現在冬期休業中でつ。3月頃にまた営業再開する予定でつ。

お近くにお寄りの際は是非。

スポンサーサイト

応援よろしくでつ。
ぽちっと押して欲しいでつ。



コメントも嬉しいでつ。

ここから送るでつ






22:45  |  くろすけとグルメ  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME |