2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2017.01.22 (Sun)

かもカモ鴨。


天気いいでつね。どこか行かないんでつか。

kurosuke ishigaki

ども、くろすけでつ。

atu♂:そうそう蕎麦ばかり食べ歩いていられんだろ。

今日は新たな構想を練る日だ。

kurosuke ishigaki

パソコンの画面一杯に蕎麦の写真が出てまつけど。

ちょっとおさらいをしてみようと思ってね。

鴨くらべだ。

kurosuke ishigaki

こちらは去年、大師茶屋で今シーズン初の鴨せいろを食べた時の写真だ。

以来昨日まで鴨があるところで注文してみたわけだ。

kurosuke ishigaki

蕎麦の茹で加減が絶妙だ。冷水できゅっとしめられて

そのつめたさと温かいつゆのせめぎ合いがたまらないぜ。

しっかりと蕎麦のカドが立っているのがわかるね。

kurosuke ishigaki

厚めの国産合鴨肉や焦がし葱が入っているよ。ねぎを炙るひと手間がさすがだ。

他につくねなど具沢山だけど、お値段もメニュー内トップクラスだなっ。

つゆは少し甘め。しかしうまい。

そしてお次は

kurosuke ishigaki

玉乃屋の鴨汁。

やはり焦がし葱が。しかも長い。鴨と葱の相性は抜群だからな。

kurosuke ishigaki

皮目をみた所炙ってあるようです。

しかし何と言っても特筆すべきは眼にも鮮やかなこの卵黄。お値段もメニュー内トップ。

kurosuke ishigaki

蕎麦は、食べた中ではこの界隈で最高クラスの腰と歯ごたえ。…とここまで書いて

この鴨汁は、おなじみざくyukiさんがオーダーしたもので、私は食べていなかった。

蕎麦は同じようだけど。


そしてこちらもyukiさんご注文の

kurosuke ishigaki

深大寺蕎麦処でトップクラスの人気店 湧水の鴨鍋 せいろ付き。

kurosuke ishigaki

いや、これは別格だって。

しかし、こちらはメニューにいわゆる鴨汁蕎麦なるものが無いんだよな。

鍋仕立てだからね。具がたくさん。

豆腐だのつくねだのそばがきだの。写真を見る限り。

葱は炙っていないようだな。

こちらは少し強気の価格設定だけど、

これだけ入って他の所より数百円アップだと思うと

かなりお得なのかもしれません。

はい次。

kurosuke ishigaki

たべかけではありません。ちゃんと鴨スライスも入ってます。

少なめではありますが、お値段もリーズナブル。

kurosuke ishigaki

門前のお茶屋さんという表現がぴったりのみんなの味方

八起の鴨せいろ大盛です。

蕎麦のカドが少し丸いですが、食べ慣れた味ですね。

kurosuke ishigaki

おいしかった。

そして最後は

kurosuke ishigaki

深水庵の鴨汁せいろ。

kurosuke ishigaki

葱は炙ってありませんがお約束ですので。辛めのつゆは私好み。

kurosuke ishigaki

蕎麦はキリっとしまっています。

あれ、こちらのほうが、一つ前の八起より数十円だけど安いぞ!

うーん、値段の違いはおそらく鴨の値段だろう。

国産か輸入か…じゃないかな。想像だけど。

高めのお店はメニューにも大きく国産をうたっているからな。

というわけで、深大寺で鴨系をお探しの皆様へご参考になればと。

kurosuke ishigaki

よく過去の昼ご飯のネタで引っ張れまつね。

ぼくは目の前のお肉以外に興味はないでつがね。

スポンサーサイト

応援よろしくでつ。
ぽちっと押して欲しいでつ。



コメントも嬉しいでつ。

ここから送るでつ






21:28  |  くろすけとグルメ  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME |